酒場豆知識

このエントリーをはてなブックマークに追加

酒編


 
    


*サトウキビから造られラムは現在英語のRUMの表示が多いですが、RONやRHUMの表示も見かけます。これは 統治していた国の言葉が原因です、たとえばRONはスペインが統治していた国々、RHUMはフランスが統治いていた国々のように!
     
*スコット産シングルモルトの名前の多くは、英語のような気がしますが、スコットランド・ゲール語 からきています、まだまだ、すべては翻訳出来ていませんが、たとえば、スコッチウイスキー(アイラ島)のアードベック(Ardbeg)Ardが(岬・小丘・高台)でBegが(小さい)と言う意味で、英語なら(Small Hill)でしょうか?                            フェノール値とは、P・P・M(Parts/Pen/Million)と言う単位で、ピート(泥炭/ヒースと言う花(イングランド)スコットランドでは(へザー)の堆積した物。で麦芽を乾燥するために炊き込む事でモルトに与える煙のような香りの単位。
          **スコットランド ゲール語**

 
 
*BLACK NIKKAのあの人物は?よくBLACK NIKKAのブレンダーと言われますが!実は19世紀の英国の人物でW・P・ローリー卿と言う人物で、香の効き分けが得意でブレンダーの名人キング of ブレンダー!


             


ゲール語
スコットランド産 シングルモルトの名前の多くは(スコットランド・ゲール語)に由来する。ゲール語は、言語学的に(インド・ヨーロッパ語族にわかれ、
欧米の言語と起源は同じ、文法的にわ英語などと大きな違いがあり、例えば文章の最初にどうし(目的語)が来ることが挙げられる。
名詞を装飾する言葉は名詞の後に付く、アートベック(ARdbeg)であれば・アード(Ard )が丘・岬で・ベッグ(Beg)が小さなという構成。英語ならばさしずめ(スモールヒル)Small Hill と言う感じです。・
*フェノール値とはピートを炊き込むことでモルトに与えられる煙のような香り値(P・P・M)(ピート・フェノール・ミリオ)で表す
酒名 日本語 意味 地域 フェノール値 設立
ARDBEG アードベック 小さな岬・丘 アイラ島 55~65 1815
AUCHENTOSHAN オーヘントッシャン 野原の片隅 ローランド地域 1823
ALLT-A-BHAINNE アルタベーン ミルク色した小川 スペイサイド地域 1975
ABERLOUR アベラワー 小川の河口 スペイサイド地域 1879
AULTMORE オルトモア 大きな小川 スペイサイド地域 1897
AUCHROISK オスロスク 赤い流れの浅瀬 スペイサイド地域 1974
ARDMORE アードモア 大きな・偉大な岬・丘 ハイランド地域 1898
AUCHENTOSHAN オーヘントッシャン 野原の片隅 ローランド地域 1823
BENRINNES ベンリネス スペイサイド最高の峰ベンリネス スペイサイド地域 1826
BALBLAIR バルブレア 平らな集落 ハイランド地域 1780
BENRIACH ベンリアック 傷ついた山 スペイサイド地域 1898
BUNNAHABHAIN ブナハーブン 河口 アイラ島 1881
BALVENIE バルベニー 山麓の集落 スペイサイド地域 1892
BENNEVIS ベン・ネヴィス 山の水 ハイランド地域 1825
BOWMORE ボウモア 偉大・大きな岩礁 アイラ島 18~20 1779
BLADNOCH ブラッドノック ブラッドノック川 ローランド地域 1817
BRUICHLADDICH ブルックラディ 海辺の丘の斜面 アイラ島 1881
BIG PEAT 沢山なPeatをPete(おじさん)にかけたジョーク アイラ島 40
CARDHU カーデュ 黒い岩 スペイサイド地域 1811
CLYNELISHI クライヌリッシュ 金色の湿地 ハイランド地域 1819
CRAGGANMORE グラガンモア 大きな岩 スペイサイド地域 1869
CAOL ILA カリラ アイラ海峡 アイラ島 35 1846
DALMORE ダルモア 広大な湿地 ハイランド地域 1839
DAILUAINE ダルユーイン 緑の谷間・牧草地 スペイサイド地域 1852
EDRADOUR エドラダワー エドレッドの小川 ハイランド地域 1825
GRENFIDDICH グレンフィデック 鹿の谷 スペイサイド地域 1887
GLENFARCLAS グレンファークラス 緑の草の生い茂る谷間 ハイランド地域 1836
GLEN KINCHIE グレンキンチー 蒸留所横を流れる川の説 ローランド地域 キンチー川 1826
THE GLENLIVET グレンリベット 静かな谷 スペイサイド地域 1824
GLENMORANGIE グレンモーレンジ 大いなる静寂の谷 ハイランド地域 1843
GLEN GARIOCH グレンギリ- 谷間の荒れた土地 ハイランド地域 1785
GLENROTHES グレンロセス ローゼス側の谷 スペイサイド地域 1878
GLENDRONACH グレンドロナック 黒いイチゴの谷 ハイランド地域 1826
GLENFACLAS グレンファークラス 緑の草の谷 スペイサイド地域 1836
HIGHLAND PARK ハイランドパーク (バイキング語)アザラシの島 オークニ島 1798
INCHGOWER インチガワー 川の側の山羊の草原 スペイサイド地域 1871
JURA  ジュラ (バイキング語)鹿の島 ジュラ島 1810
KILCHOMAN キルホーマン キルホーマン教会跡地 アイラ島 2005
KNOCKANDO ノッカンド 小さな黒い丘・塚 スペイサイド地域 1898
LAPHROIG ラフロイグ 広い入江の美しい窪地 アイラ島 50~60 1815
LONGMORN ロングモーン 聖人の場所/地 スペイサイド地域 1894
LAGAVULIN ラガバーリン 水車小屋の有る窪地 アイラ島 30~40 1816
MACALLAN マッカラン 聖コロンバの丘 スペイサイド地域 1824
MORTLACH モートラック 椀状の窪地 スペイサイド地域 1822
OBAN オーバン 小さな湾 ハイランド地域 1794
OCTMOR  オクトモア 偉大な8番 アイラ島 1881
PORT ELLEN ポートエレン 地域を統一していた妻の名、説 アイラ島 1825~1983閉鎖
ROYAL LOCHNAGAR ロイヤル ロッホナガー 岩の露出した湖 ハイランド地域 1845
SCAPA スキャパ 牡蠣の床 スキャパ島 オークニ諸島
SPRING BANK スプリングバンク (英語古語)集落 キャンベルタウン 1828
SRATHSLAT ストラスアイラ アイラ川の広い谷 ハイランド地域 1786
TALISKER タリスカー 傾いた大岩 スカイ島 1830
TOMATIN トマーチン ネズの木の茂る丘 ハイランド地域 1897


* 気にされた事はありますか?WhiskyとWhiskeyの違いを!これは移民との関係があります。アイルランドからアメリカに移民したようにIrishウイスキーとAmericanウイスキーはWhiskeyが多いです、まれに、ご存じのメーカーズマークはWhiskyで終わります、スコッチウイスキーと日本のウイスキーはWhiskyで終わります、これは、まだ日本にウイスキーが無いころに、広島県竹原市出身のニッカウイスキーの創業者、竹鶴政孝氏が単身スコットランドのグラスゴー大学有機化学を学び、Longmornの蒸留所で技術修行をされ日本でのウイスキー製造に努力されたことにより日本のウイスキーはWhiskyになります。ちなみにNIKKAウイスキーの元の社名は大日本果汁株式会社から大日果からNIKKA!になりました

 
       


       
    

   *樽の名前と容量/スコットランドでは700L以上の樽を使用してはいけない。
 *樽の熟成年数と(天使の分け前)後の残量。樽の大きさや熟成環境によって違い
  がありますが!年間に2%~3%減少し、熟成が進みます。
 
 バット  500L  200L樽で  毎年3%減  毎年2%減
パンチオン  450L 熟成5年後  残 177.05L 残 184.47L
ホッグスヘッド  250L 熟成10年後  残 152.04L 残 166.74L
 アメリカンバレル 173L 熟成15年後  残 130.56L 残 150.72L
 クォーター 127L 熟成20年後  残 112.12L 残 123.15L
 オクタブ   45L 熟成30年後  残 82.20L 残 111.32L
         
       ***シードルって??/ What a Cidre??***
    シードルはリンゴ🍎からできたスパークリングワインです。ラテン語の(シセラ(Cicera))
    ブドウのワインと同じくらい古い歴史があり、11世紀には、フランスのノルマンディ地方
    に定着。*(フランス語/シードル/Cidre):(スペイン語/シドラ/Sidra):(イタリア語
    /シドレ/Sidre):(英語/サイダー/Cider):(ドイツ語/アプフェルヴァイン/Apfelwein)
  
      ??なぜに?ウイスキーの樽は、内側を焦がすのか??
     
樽の内側を強い熱で焼いて炭化させる方法をチャー(Charring)と言い。
       何回か使用した樽を活性化するために、再度熱処理を(焼く)リチャーと言う。
       チャー・リチャーをする事によって、樽内部に甘い熟成香味成分(バリニン)が
       生成され香味に大きな影響を与える。
        チャーの種類・・・ライト/ミディアム/ヘビー(アリゲーター)
   
        

    
     

活動

活動名

ここに活動の説明が入ります。

ここに活動の説明が入ります。

ここに活動の説明が入ります。